濁水処理などの作業を効率化~専門の業者だから安心と信頼が大事~

作業員

補助金でお得に設置

どこにでも設置できる

作業員

東日本大震災以降、太陽光発電システムを自宅に設置する家庭が行政の補助金制度もあったことから急増しました。しかし、当初太陽光発電システムを導入するには様々な制限があったためどの家庭でも設置できた訳ではありません。 太陽光発電システムの設置制限の理由として最も多かったのが屋根の重量制限でした。開発当初の太陽光パネルは重量が重かったために家によっては設置ができないケースが多かったのです。 そのため、最新の太陽光パネルは軽量化と薄型化に集中して開発されています。そのため、最新タイプの太陽光パネルであれば設置できるという家庭もあります。将来的にはパネルタイプではなくシートタイプの太陽光発電システムができると言われています。

太陽区発電システムはどれほど続くのか

太陽光発電システムは設置してしまえば恒久的に安定的な発電量を保ち、稼働し続けると思ってる人が多いです。太陽光発電システムは数年に一度のメンテナンスをし続ければほとんど劣化することなく稼働します。しかし、太陽光パネルは四季を通じて寒い時や暑い時などを繰り返しているのでパネルに劣化が生じてきます。一年単位ではその劣化がなかなか分かりませんが、3年や5年単位でその劣化を見てみると発電量が確実に落ちていることが確認できます。 太陽光パネルは概ね20年から30年が耐用年数だと言われています。また、それくらいの年月が経てば劇的な技術革命が起きていることも予想されます。太陽光発電システムは恒久的だという意識を持たずにいずれ交換するものだと注意しなければなりません。